shinkenchikusha on Instagram

建築専門誌『新建築』

株式会社 新建築社(@shinkenchikusha )は、1925(大正14)年の創業・『新建築』創刊以来、月刊誌を中心とした建築関連の雑誌・専門書を発行しています。

https://shinkenchiku.online/ Similar users See full size profile picture

Report inappropriate content

@shinkenchikusha photos and videos

瀬戸内海の大崎上島にある約6.5万m2の敷地に校舎と寮を計画するにあたり、半屋外スペースに囲まれた中庭を介して、異なる機能を持つ建築同士を繋ぎ、さまざまな居場所をつくり出しています。 学びの庭を囲む学びの回廊は、教室棟、食堂棟、管理棟を繋義ます。回廊の天井高は5,185mm、回廊のアーチの足元に設けた高さ400mm幅440mmの台はベンチとなります。 3枚目:職員室の座席はフリーアドレスになっており、みかん広場沿いには縁側を設置。 5枚目:寮管理棟を見る。寮全体の受付や事務室、宿直室、プレイヤールーム(祈祷室)が入ります。生徒は必ず寮管理棟を通る動線・セキュリティ計画です。 2019年6月号 【広島県立広島叡智学園中学校・高等学校 一期工事/HIROSHIMA GLOBAL ACADEMY】 設計 宇野享/CAn+土井一秀建築設計事務所 竣工 2019年3月 #新建築 #建築 #デザイン #architect #japan #shinkenchiku #設計 #建築学生 #travel #建物 #建築写真 #暮らし #magazine #広島 #中学 #高校 #学校 #瀬戸内海 #facade #design #shootermag_japan #海 #学び #カフェ #wood #プロジェクト #architizer #art #写真 #庭 at 広島県立広島叡智学園中学校・高等学校 / Hiroshima Global Academy

0

大阪芸術大学で2017年に新設された、アートサイエンス学科の新校舎です。高橋靗一氏によって小高い丘の上に計画されたキャンパスの北端に建ちます。丘のように起伏したスラブが、新校舎へと続く坂道や地形と呼応しながら、ランドスケープと連続した空間をつくっています。直径114.3〜190.7mmの5種類の鉄骨柱と、厚さ400mmのリング状のスラブの積層によって、大きな気積のワンルーム空間をかたちづくっています。 3枚目:東側エントランスより、共有スペースを見る。特定の学科だけでなく、多くの人々が訪れるラボラトリーであり、キャンパスのエントランスのような場所です。最高天井高さは9,320mmです。 4枚目:2階東側のテラスよりラウンジを見る。スラブの隙間からは生い茂る木々や、遠くの街が見渡せます。写真手前のFPR製のスツールは、共有スペースに置かれる四角いスタッキングチェアと合わせて今回新たに制作されたものです。 2019年1月号 【大阪芸術大学 アートサイエンス学科棟/ARTSCIENCE DEPARTMENT BUILDING ,OSAKA UNIVERSITY OF ARTS】 設計 妹島和世建築設計事務所 竣工 2018年11月 #新建築 #建築 #デザイン #architect #japan #shinkenchiku #設計 #建築学生 #travel #建物 #建築写真 #暮らし #magazine #大阪 #campus #大学 #Communityspace #学生 #facade #design #shootermag_japan #Laboratory #landscape #ラウンジ #妹島和世 #プロジェクト #architizer #art #写真 #Science

0

【コンペ】 2019年 第54回セントラル硝子国際建築設計競技『新しい盛り場を生み出す建築』 応募登録締切まであと2ヶ月を切りました! 「盛り場」とは多くの人が集まるにぎやかな場所のことです。ただし、このコンペは「盛り場」の提案ではなく、「新しい盛り場を生み出す建築」を提案してもらうものです。「盛り場」の魅力を引き出す新しい建築の提案を期待しています。 最優秀賞には賞金200万円が贈呈されます! ・ <登録・締切> 2019年8月23日(金) <審査委員長> 内藤 廣(内藤廣建築設計事務所) <審査委員> 隈 研吾(隈研吾建築都市設計事務所) 亀井 忠夫(株式会社日建設計) 青木 淳(青木淳建築計画事務所) 賀持 剛一(株式会社大林組) 塚本 由晴(アトリエ・ワン) 髙山 聡(セントラル硝子取締役常務執行役員) 本コンペに参加するためには、事前に公式ウェブサイトの登録フォームより登録を行ってください。コンペの詳細については下記URLよりご確認ください。 ▷http://www.cgco.co.jp/kyougi/ 皆様のご応募、心よりお待ちしております! #新建築 #建築家 #設計 #建築 #学生 #セントラル硝子 #作品 #デザイン #コンペ #アート #空間 #新しい #建物 #暮らし #生活 #環境 #雑誌 #未来 #competition #shinkenchiku #architecture #japan #magazine #academic #facade #design #instagood #beautiful #photo #art

0

2018年3月に竣工した五ケ山ダムが位置する那珂川市は、ダム湖周囲にキャンプ場、川遊び場、バーベキュー場などを点在させ、福岡都市圏から最も近い「アーバンアウトドアの聖地」である「五ケ山クロス」として整備されています。湖畔に建つ五ケ山クロス ベースは、アウトドア用品ショップ、地域食材を用いたカフェレストラン、展望デッキからなっています。 近接して管理事務所などダム附属施設が建つが、これらを避けて開口により風景をフレーミング、眺望を確保しています。 4枚目:ルーバーは周辺の山並みに呼応するデザイン。38mに渡る鉄骨造部分が、ショップと「東屋」に視界の抜けを持たせています。 2019年5月号 【五ケ山クロス ベース/GOKAYAMA CROSS BASE】 設計 平瀬有人+平瀬祐子/yHa architects 竣工 2019年1月 #新建築 #建築 #デザイン #architect #japan #shinkenchiku #設計 #建築学生 #travel #建物 #建築写真 #暮らし #magazine #福岡 #キャンプ #川遊び #bbq #Outdoors #facade #design #shootermag_japan #cafe #アウトドア #ダム #wood #プロジェクト #architizer #art #写真 #アクティビティ at 五ヶ山

0

川崎市に建つ築53年の本社兼工場を、シェアオフィスを中心とした複合施設(unicoA)へとリノベーションするプロジェクト。1階には飲食店とFab工房VUILDが入居します。この建物の両隣も同オーナー企業の所有で、西側の倉庫はバスケットコート(unico court)に、東側の元社員寮はシェアハウス(unicoB)へと改修されます。  (2枚目) 1階の飲食店より前面道路を見通す。4mの既存天井高を生かした空間。左手の黒いボックスがVUILDのFab工房で、飲食店のカウンターや椅子もここでつくられました。 (4枚目) 飲食店の厨房区画の壁面に貼られた木のパネルは建物内に保管されていたかぼちゃの箱を再利用したものです。サインデザインはterminal、製作はVUILDで行われています。 (6枚目) 増築部の解体によって生まれた中庭。UnicoAとunicoBの接点となります。展示されている木の架構はVUILDが川崎市とのプロジェクト「まちもく」で製作し、近隣の上並木公園のイベントで使用したものです。  2017年10月号 【unico/UNICO】 設計 西田司+森詩央里+伊藤彩良+大沢雄城/オンデザイン 設計協力 秋吉浩気/VUILD  竣工 2017年6月  #新建築 #建築 #デザイン #architect #japan #shinkenchiku #設計 #建築学生 #travel #建物 #建築写真 #暮らし #magazine #家具 #川崎 #神奈川 #unico #リノベーション #facade #design #shootermag_japan #展示 #シェアオフィス #Fab #shopbot #プロジェクト #architizer #art #写真 #アクティビティ at unicourt

0

直島本村地区に建つ体育館や島の伝統芸能である直島女文楽の上演などさまざまな使い方のできるホールと地元の人が集まるための集会所で、庭園で構成された施設です。高潮対策のため周囲を盛り土で覆い、苔で覆うことによって土中の保水量の維持と、直達日射の影響を抑えています。また、地中の安定した温度を室内の温熱環境の調整に活用しています。 内部舞台は両面使いとなっており、演目の大小に対応できるようになっています。池の上の桟敷は屋外ステージとしても利用できます。 入母屋の屋根に風穴を開け、直島特有の南から吹く風を利用しています。屋根はヒノキ堅葺きです。ホール内部は、開閉可能なトップライトを開けると上部に流れる風により室内の空気が誘引され、空気が下から上へ引っ張られ循環し、締め切った状態でも風が通り、涼しい空間となっています。天井の最高高さは13,190mmです。 ・ 2016年1月号 【直島ホール/NAOSHIMA HALL】 設計 三分一博志建築設計事務所 竣工 2015年11月 ・ #新建築 #建築 #デザイン #architect #japan #shinkenchiku #設計 #建築学生 #travel #建物 #建築写真 #暮らし #magazine #香川 #直島 #建築探訪 #hall #街歩き #facade #design #beautiful #shootermag_japan #三分一博志 #文化 #瀬戸内国際芸術祭 #瀬戸内 #architizer #art #写真 #旅 at 直島ホール

0

(※こちらのイベントは終了致しました。) 【JMA×新建築】JMA新卒採用イベント開催! 「座談会/就職に、建築デザイン事務所という選択肢」 2019年4月22 日(月)18:00~ @新建築社青山ハウス 日本コカ・コーラ本社ビルや原宿のH&Mのビル(ジ アイス キューブス) などを手掛ける、光井純&アソシエーツ建築設計事務所(JMA)@jma_jun_mitsui_architectsが、今年も新建築社青山ハウスにて、新卒採用イベントを開催します!JMAの会社紹介と共に、建築デザイン事務所ではどんな仕事ができるのか、どんな人が働いているのか、どんな働き方をしているのか、などなどWEBサイトや雑誌などのメディアでは紹介しきれないところまで知ることが出来るイベントとなっております。社員と直接話すことのできるまたとない機会となっておりますので、皆さまのご参加お待ちしております! 開催時期:2019年4月22日 (月)18:00~ 開催場所:新建築社青山ハウス(東京都港区南青山 2-19-14) 最寄駅:東京メトロ銀座線 外苑前駅4a出口から徒歩 3 分 参加可能予定人数:30 名 ※応募多数の場合は抽選となります。 登壇社員:JMA 社員8名程度 開催内容:会社紹介(20分)/グループ座談会(30~40分)/懇親会(30~60分) 参加対象者:専門学生、大学生、大学院生どなたでもOKです。学年関係なくご参加下さい。 服装:自由(普段どおりでOKです) 参加方法:参加希望の方はGoogleフォームから参加申込みをお願いします。当日参加もOKです。 ▷https://goo.gl/forms/vHeDZUEP99ESPBzf2 ◎イベント当日と翌日に社内見学ツアーを実施します!採用イベント申込者に個別メールにてご案内します。 #新建築 #建築 #デザイン #architecture #japan #shinkenchiku #設計 #建築学生 #JMA #光井純アンドアソシエーツ建築設計事務所 #建物 #建築写真 #magazine #暮らし #recruit #建築探訪 #event #街歩き #facade #design #beautiful #景色 #リクルート #space #イベント #外観 #architizer #art #lecture #新卒 at Tokyo, Japan

0

金沢21世紀美術館の西側の庭につくられたステンレスの球体で覆われた休憩スペース。 美術館の10周年記念事業としてつくられたものです。球体の直径は1.8m、16個mの半球体が集まって全溶接されてできています。鏡面仕上げの外観は美術館や街のランドスケープを映し出し、内部では少し鈍い鏡面が、外の風景を取り込みながら球同士をやわらかく反射します。 この建物が美術館を訪れる子どもからお年寄りまでたくさんの人に親しまれ、街の新たなランドマークになればという願いが込められています。 2017年6月号 【「まる」/「MARU」】 設計 妹島和世+西沢立衛/SANAA 竣工 2016年11月 #新建築 #建築 #デザイン #architecture #japan #shinkenchiku #設計 #建築学生 #travel #建物 #建築写真 #暮らし #magazine #石川 #金沢 #建築探訪 #maru #街歩き #facade #design #beautiful #景色 #restingplace #space #金沢21世紀美術館 #外観 #architizer #art #写真 #旅 at 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

0

繊維を専門に扱う小松精練の旧本社棟の改修。 在来型耐震補強に加えて、自社で開発中の「炭素繊維ストランドロッド」を用いた補強を行っており、デザイン性も兼ね備えた耐震補強の可能性を提案しています。 東より見ると、外部は約1,000本のCFロッドにより躯体と地面が緊縛されます。炭素繊維ロッドは7本の素線を撚ることで構成され、ロール状に巻き取ることができます。 夜景。意匠性と補強効果の両方を考慮してウェーブ状に配置されたロッドスクリーンは、繊維的で柔らかな外観を生み出します。3階北西側の廊下よりアーカイブスペースを見ると、右に炭素繊維ロッドを用いたブレース壁、内部は編み目状に編むことで透明感のある補強壁が実現されています。 2016年1月号 【小松精練ファブリックラボラトリー fa-bo/KOMATSU SEIREN FABRIC LABORATORY FA-BO】 設計 隈研吾建築都市設計事務所 竣工 2015年11月 #新建築 #建築 #石川県 #architecture #japan #shinkenchiku #能美市 #建築学生 #laboratory #建物 #隈研吾 #wave #magazine #展示 #openspace #建築探訪 #hall #景色 #facade #design #beautiful #follow #環境 #小松精錬 #interiordesign #art #写真 #外観 #tflers #fabric

0

明けましておめでとうございます! 本年もどうぞ宜しくお願い致します! お年玉キャンペーンも実施中ですので、ぜひご参加ください!詳しくは前の投稿で。 #新建築 #建築 #デザイン #architect #japan #shinkenchiku #設計 #建築学生 #travel #建物 #建築写真 #暮らし #magazine #東京 #正月 #建築探訪 #お年玉 #街歩き #facade #design #beautiful #shootermag_japan #modern #新年 #新刊 #2019 #architizer #art #写真 #旅

0

・ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【こちらのキャンペーンは終了致しました】 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・ \お年玉プレゼントキャンペーン/ 日頃のご愛顧に感謝して、Instagram限定プレゼントキャンペーン実施!フォロー&いいねで応募ができるのでぜひお気軽にご参加ください。 日頃からご覧頂いている皆さまに支えられて、新建築公式アカウントはまもなく2万フォロワーを突破しようとしております!いつも本当にありがとうございます。 そこで、感謝の気持ちを込めましてInstagram限定で、プレゼントキャンペーンを実施。エントリー頂いた方の中から抽選で2名様になんと、SNSをはじめメディアで話題の「OMOSHIROI BLOCK」プレゼント! 株式会社トライアードの「OMOSHIROI BLOCK」 (https://www.triad-japan.com/ja/omoshiroi_block)は、使用していくにつれ模型のような形が浮かび上がり、最終的には立体となって表れます。 建築模型制作会社が手掛けた、大変美しいメモ帳です! 応募要項 ▷応募期間:2018年12月30日〜2019年1月11日の23時59分まで ▷当選人数:2名 ーーーーーーーーープレゼント詳細ーーーーーーーーー 1名様に「OMOSHIROI BLOCK」Kyoto - 華 - 1名様に「OMOSHIROI BLOCK」Kyoto - 凛 - (※商品は選べませんので、ご了承ください。) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 応募方法 1.公式アカウント「@shinkenchikusha」をフォロー 2.この投稿に「いいね!」 上記、簡単2ステップでエントリー完了となります! ◎当選確率UPのチャンス ご自身のストーリーズでのシェアやこちらの投稿へのコメントなどすべて読ませていただいてます。 なにか一言いただけると大変嬉しいです。 ※当選された方にのみ、2019年1月中にDMでご連絡させて頂きます。 ご自身のアカウントを公開、DMの受信を許可した上でご参加ください。 注意事項 ▶コメントなどの投稿内容は新建築記事内やSNS公式アカウント等にて広くご紹介させていただく場合があります。 ▶未成年の方は保護者の同意を得た上で本キャンペーンにご参加ください。未成年の方が応募や写真の投稿をされた場合には、保護者の同意を得ているものとみなします。 ▶本ページの利用、本キャンペーンへの参加により生じたいかなるトラブル・損害についても、株式会社新建築社が責を負うべき事由のある場合を除き、一切の責任を負いません。 ▶本キャンペーンはInstagram社と一切関係ございません。 ▶当選で獲得された権利は、他人に譲渡することはできません。 ▶抽選結果のお問い合わせにはお答えできません。 #新建築 #建築 #デザイン #architect #japan #shinkenchiku #設計 #建築学生 #メモ #建物 #建築写真 #暮らし #magazine #プレゼント #プレゼントキャンペーン #建築探訪 #住宅特集 #街歩き #facade #design #beautifu l #shootermag_japan #文房具 #プレゼント企画 #当選 #follow #雑誌 #art #写真 #interiordesign

0

尾道を拠点に、1泊2日〜3泊4日のツアーを組み、広島・山口・愛媛・香川・岡山の瀬戸内5県を周遊する宿泊型の客船。3,013ton、全長81.2m、全幅13.75m、旅客定員(乗客数)は最大38名です。 瀬戸内銀座と呼ばれる音戸の瀬戸を行くガンツウ。瀬戸内沿岸の景観になじむよう架けられた屋根はチタン亜鉛合金縦ハゼ葺きです。船体は周囲の風景に溶け込むよう、シルバーで塗装され、4タイプからなる客室はすべて海に面するように設計されました。 1枚目:3階オープンデッキより見る。デッキ全体を覆う大屋根によりしまなみ海道、因島大橋の風景を切り取ります。天井はサワラ張り。電気推進システムの採用により音や振動がほとんど感じられず滑るように進んでいきます。 ・ 2017年12月号 【ガンツウ/GUNTÛ】 設計 堀部安嗣建築設計事務所 竣工 2017年9月 ・ #新建築 #建築 #広島 #architecture #japan #shinkenchiku #尾道 #建築学生 #海 #建物 #宿泊 #暮らし #magazine #船 #自然 #建築探訪 #wood #景色 #facade #design #beautiful #follow #bar #テラス #interiordesign #art #写真 #外観 #tflers #cruising

0

牡鹿漁師学校の参加者や住民と共に、山裾の段々畑を活用した宿泊所をつくるプロジェクトです。炭庵(6枚目右)、三角庵(6枚目中央)と名付けられた2棟のタイニーハウスと、メインハウス(6枚目左奥)の3棟からなります。2棟のタイニーハウスは、敷地で伐採したスギ材を使って、サマースクール参加者と共に建設されました。 ・ 2017年11月号 【もものうらビレッジ/MOMONOURA VILLAGE】竣工 2017年8月 メインハウス 設計:アトリエ・ワン 三角庵(タイニーハウス第1期) 設計:ドットアーキテクツ 炭庵(タイニーハウス第1期) 設計:satokura architects ・ #新建築 #建築 #宮城 #architecture #japan #shinkenchiku #石巻 #建築学生 #village #建物 #宿泊 #暮らし #magazine #森林 #自然 #建築探訪 #wood #景色 #facade #design #beautiful #follow #house #キャンプ #interiordesign #art #写真 #外観 #tflers #summerschool at もものうらビレッジ

0

森の中に浮かぶ、ジオデシック構造を利用した球体状のテント。静岡県沼津市の愛鷹運動公園内にある公共施設「沼津市立少年自然の家」(2017年3月営業終了)を、民間に賃貸することで財政負担を軽くすると共に、時代に合った新しい使い方を模索することを狙いとして運営事業者を募集。Open Aが市から借り受け、リノベーションして宿泊施設として生まれ変わらせました。既存施設に加え、新しいスペースをDIY的に付加させながら改修を進めています。 本計画では、既存建物の魅力を活かしながら改修すること、そして施設が公園と一体となるような新たな仕掛けを設ける。この大きくふたつのことを行い、県内外から人びとが訪れる新しい宿泊施設を目指しています。 4枚目:食堂を改修したサロン&カフェ。既存の天井高を生かした開放的な大空間として引き続き利用されています。左手にカフェのためのカウンターを設置、床は既存の長尺シートを剥がし、ウレタン塗装を行っています。 5枚目:テント内部。直径は約3,500mm。スチールパイプによる構造体を、テントや横断幕などに使われるターポリン生地によって覆っています。 ・ 2018年5月号 【泊まれる公園 INN THE PARK/T-plaster INN THE PARK】 企画・設計 Open A/馬場正尊+大橋一隆+伊藤靖治+三箇山泰 竣工 2017年9月 ・ #新建築 #建築 #静岡 #architecture #japan #shinkenchiku #沼津 #建築学生 #park #建物 #宿泊 #暮らし #magazine #森林 #自然 #建築探訪 #wood #景色 #facade #design #beautiful #follow #DIY #inthepark #interiordesign #art #写真 #外観 #tflers #リノベーション at 泊まれる公園 INN THE PARK

0

『新建築』 2018年12月別冊 臺北南山廣場 Architect's Diary 2012-2018 三菱地所設計 本日発売! ・ 昨今、日本人建築家の活躍が注目される台湾に、新たな日本発の建築が登場しました。台北中心部に建つ、超高層オフィスタワー(高さ272m)と商業・文化施設からなる「臺北南山廣場」(2018年夏開業)です。 台北101に隣接する台北の新たなランドマークは、長年の超高層建築の実績(池袋サンシャイン60、横浜ランドマークタワーなど)と、丸の内で培われてきた複合都市開発の歴史を持つ三菱地所設計により設計されました。 本書は、台湾では近年稀に見る規模の市街地開発/建設プロジェクトと、その完成に至るまでのプロセスを、「Architects' Diary」の名の通り1日単位で追っていきます。 海外プロジェクトならではの困難や、日本企業の細やかな設計と、これを現地で実現するための工夫などにフォーカス。 台北のスカイラインを変える歴史的プロジェクトを振り返ります。 ・ 2018年12月別冊 【臺北南山廣場 Architect's Diary 2012-2018 三菱地所設計】 ・ #新建築 #建築 #台湾 #architecture #japan #shinkenchiku #taipei #台北101 #officetower #建物 #project #暮らし #magazine #diary #歴史 #建築学生 #plaza #設計 #facade #design #beautiful #follow #interiordesign #area #雑誌 #landmark #art #写真 #外観 #tflers

0

徳島県神山町の鮎喰川沿いに建つ宿泊施設。新設の宿泊棟(2枚目左)と、古民家を改修した管理棟(2枚目右)よりなります。宿泊棟の客室に川へ向けた全面開口を設けるべく、直径350mmの丸太柱によるラーメン構造が採用されました。 柱は構造的に必要な太さの丸太を必要な量、同じ神山町の森林より調達し、その他の材は流通材により構成されています。 ・ ー合理性から見出された架構ー 必要な柱の数は22本。「φ=350mm,丸太柱22本」と図面に描くことは簡単だが,そんな丸太材は一体どこで手に入るのだろうか。この建物の建設は、山に木を伐りに行くところから始まった。伐採したヒノキは皮を剥き、大工の手刻みによって仕口を加工している。イレギュラーな進め方のようにも聞こえるが、林業の町で山が近いというこの場所での、最も素直な判断の帰結である。 今回は「生産地が近い」という計画の特性から、こういった「仕組み」の論理とはまた別の論理による合理性を見出すこととなったが、このような建設の仕組みにまで遡及するような方法が、建物のあり方を更新していく可能性はとても大きいのではないかと感じている。(伊藤暁) ・ ・ 2015年11月号 【WEEK神山/WEEK KAMIYAMA】 設計 伊藤暁+須磨一清+坂東幸輔 竣工 2015年6月 ・ #新建築 #建築 #古民家 #architecture #japan #shinkenchiku #徳島 #建築学生 #week #建物 #宿泊 #暮らし #magazine #森林 #自然 #建築探訪 #wood #景色 #facade #design #beautiful #follow #環境 #week神山 #interiordesign #art #写真 #外観 #tflers #hotel at WEEK 神山

0

【臨海住宅地の誕生】本日発売! 福岡市のシーサイドももちとアイランドシティを通じて考える。 シーサイドももちとアイランドシティ。 福岡を代表する臨海住宅地はどのようにして生まれたのか。大規模で長期間にわたったプロジェクトを、福岡という都市の背景から、開発過程、今後に至るまでを、つぶさに見ていくことで、生きた住宅地づくりの手がかりを探ります。 ・ 第1章 福岡[市+史]学 ー まちとその歴史を知る 第2章 住宅地とは何か ー 日本の近代住宅地をベンチマークする 第3章 シーサイドももちはどのようにして生まれたか 第4章 アイランドシティはどのようにして生まれたか 第5章 住宅地の未来を語る ー 住宅地はこれからどうなっていくのか ・ 2018年11月別冊 【臨海住宅地の誕生/THE BIRTH OF SEASIDE RESIDENTIAL AREA】 ・ #新建築 #建築 #福岡 #architecture #japan #shinkenchiku #fukuoka #seaside #ももち #建物 #project #暮らし #magazine #ヤフオクドーム #住宅 #建築学生 #island #街歩き #facade #design #beautiful #follow #interiordesign #area #雑誌 #海 #art #写真 #外観 #tflers

0

敷地にほど近い水月湖の湖底に堆積した7万年分の縞模様の地層「年縞」を展示するための博物館および関連研究施設。3棟からなり、左手前が里山里海湖研究所、奥に福井県年縞博物館。博物館は45mに及ぶ年縞を展示するため、細長い平面形状となりました。1階はピロティとし、2階に展示室を配しています。 2枚目:北西より見る。鉄筋コンクリート造の壁と鉄骨トラスによって支えられた木造の切妻屋根がかかります。展示室の大きさに合わせて壁が中央から偏心しているため、左右非対称な鉄骨トラスとなりました。 4枚目:2階より展示室を見通す。躯体が年縞展示室(左)と解説展示室(右)の仕切りも兼ねています。 5枚目:年縞展示室は、中央の壁に沿って45mに渡り7万年分の堆積物が展示されています。 ・ 2018年11月号 【福井県年縞博物館/FUKUI PREFECTURAL VARVE MUSEUM】 設計 内藤廣建築設計事務所 竣工 2018年8月 ・ #新建築 #建築 #博物館 #architecture #japan #shinkenchiku #福井 #museum #fukui #建物 #内藤廣 #暮らし #magazine #職人 #wood #建築学生 #concrete #街歩き #facade #design #beautiful #follow #interiordesign #shop #雑誌 #湖 #art #写真 #外観 #tflers

0
Next »